2016年6月24日金曜日

CARS2016の開催

2016年6月21日~25日の5日間,ドイツのハイデルベルグでCARS2016が行われました.
発表は,松田がポスター発表,宮阪がオーラル発表でした.



松田紘明は,”Computerized evaluation of the rib kinetics with vector analysis in dynamic chest radiography”というタイトルでポスター発表を行いました.

3分間という短い時間でしたが,とても緊張しました.原稿はぎりぎりまで読み込み,前回のJRCの発表よりも落ち着いてできたのはよかったです.しかし,発表中はスライドの方ばかり見てしまったため,次回の発表では堂々と前を向いて発表したいと思います.写真も横向きの写真しかなかったです...











ポスターの発表は,右の写真のようなショートプレゼンテーション形式で行われました.
堂々と発表ができ,練習の成果が十分発揮できたのではないかと思います.











宮阪洋亮は,”Evaluation of X-ray Images Using Sparse Coding Super - resolution Processing”というタイトルで発表を行いました.

初めての国際学会の発表ということで,真田研究室OBの林則夫先生と一緒に座長の先生のところへ挨拶に行きました.







オーラルの発表は,下の写真のような形で発表が行われ,発表時間12分,質疑応答が3分ととても長い発表でした.



最初は,かなり緊張して覚えたものをど忘れしたり言葉が出なかったりしましたが,徐々に自分のペースに持っていくことができました.
今後は,どのくらい早く自分のペースに持っていくことができるかが課題であると思います.










写真は,真田茂先生,田中利恵先生,林則夫先生と一緒に会場前で撮影した集合写真です.




発表日の夜,CARS主催のクルージングに参加しました.発表が終わったので,美味しいビールを飲むことができました.また,先生方の興味深いお話しが聞けて3時間のクルージングもあっという間に終わってしましました.写真は,左から林則夫先生,松田紘明くん,宮阪洋亮(筆者),真田茂先生,寺本篤司先生です.


今回の学会は,院生にとって初めての国際学会であったため,大変良い経験となりました.
この経験を生かして今後も頑張りたいと思います.
また,今回発表するに当たり真田先生,田中先生をはじめとするたくさんの方の協力がありました.この場を借りてお礼を申し上げます.


今回,使用いたしました写真は,た藤田保健衛生大学の寺本先生,群馬県立県民健康科学大学の林則夫先生よりご提供していただきました.この場を借りてお礼を申し上げます.


                                                   文責:みやさか



2016年6月20日月曜日

ドイツに着きました!!

2016年6月21日~25日の5日間,ドイツのハイデルベルグでCARS2016が行われます.
松田,宮阪は,20日に先乗りでドイツ入りし,真田先生は,22日,田中先生は,23日にスウェーデンよりドイツに入られます.
入国審査等を受けてドイツに入国し,バスの時間まで少し散策したり,休憩したりしました.
フランクフルト空港から会場のあるハイデルベルグまではバスで2時間くらいかかりました.
この日は,会場の下見と夕食を食べて,ホテルに戻りました.




フランクフルト空港内です.
とても大きな空港で,バス乗り場まで迷ってしましました.










ハイデルベルグ到着時の写真です.
このバスでハイデルベルグに来ました.
ドイツの車と言えば,写真のようなベンツやフォルクスワーゲンがたくさん走っています.












こちらが,会場の写真になります.

"Kongresshaus Stadthalle Heidelberg"という会場で行われ,趣きのあるお洒落な会場でした.

そして,撮影した時間は夜の9時半を回っていましたが,こんなにも明るいことに大変驚きました.










次の日の午後からはレジストレーションを行ったり,発表を行う会場の下見をしたりしたいと思います.


                                                   文責:みやさか


2016年6月17日金曜日

CARS2016のリハーサル

本日,2016年6月17日にリハーサルを松田,宮阪で行いました.
場所は5210号室で,本番を意識して行いました.
本番直前ということで,緊張をしていました.

JRC2016の反省を踏まえて特に正しい発音で発表することを心がけて行いました.
また,今回は発表の本番に見たてて,台等を利用し本番さながらの雰囲気で練習を行いました.
本番に備えてしっかりと練習を行っていくとともに,体調管理もしっかりとやって望みたいと思います.




練習を行っている松田くんです.

















発表練習を始めるところの筆者(宮阪)です.













                                                    文責:みやさか

2016年4月22日金曜日

田中利恵先生が滝内賞を受賞されました!!

第72回日本放射線技術学会総合学術大会にて真田研究室の田中利恵先生が滝内賞を受賞されました.
放射線診断技術学分野に関する研究成果が顕著で(筆頭論文13編)あるということでした.
我々も少しでも先生方に近づけるように努力をしたいと思います.






                                                文責:みやさか

2016年4月17日日曜日

JRC2016開催!

JRC2016が4月14日~17日に横浜で開催されました.
今年は,学会のグローバル化を目指し,スライドの全面英語化,口述発表の約4割が英語発表と大幅に変わりました!

今年は修士2年の宮阪,松田が英語発表に臨みました.

初めての英語スライドの作成に四苦八苦し,真田先生,田中先生の添削を何度も受けながら無事に完成させ,学会直前には,真田先生,田中先生を交えて発表のリハーサルを行いました.



松田紘明

演題:
Development of Diagnostic Criteria for the Evaluation of Rib Movements with a Dynamic Chest Radiography: Preliminary Study


「JRC2016での発表は初めてで,このような大きい会場でとても緊張しました.ぎりぎりまで練習し臨みましたが,それでも本番は緊張で原稿が少し抜けてしまいました.次回の発表では,今回の反省を踏まえて本番に臨みたいと思います!」















宮阪洋亮

演題:
Image Quality Improvement Using Sparse Coding Super-resolution Processing


「当日は,大変緊張し,声が小さくなり,覚えた英語が飛ぶ場面もありましたが,無事に終えることができました.また,たくさんの方に聞きに来ていただき,発表後にはたくさんの質問やご意見をいただきました.本当にありがとうございました.次回の発表では今回の反省を踏まえて本番に望めたらよいと思います.」












今度は,6月にドイツで行われるCARS2016に向けてがんばりたいと思います.


                                              文責:まつだ,みやさか


真田会2016 in Yokohama

2016年4月16日(土)に桜木町駅近くの"PIZZA&GRILL 横浜パラダイス"で真田会2016が行われました.
今年の幹事は,栃木県立がんセンターの加藤英樹さんと私,宮阪洋亮が務めました.

横浜のきれいな夜景を見ながら皆で楽しくお話しできたら良いね!!という加藤さんのアイデアを基にお店探しを行いました.

当日は,北は北海道,西は関西から,そしてシンガポールからと総勢27名の方にご参加いただきました.本当にありがとうございました.

最初は,少し緊張気味だった4年生も諸先輩方のお話しを食い入るように見聞きしていました.
私自身もいろいろな話をたくさん聞くことができて大変有意義な会で,あっという間に時間が過ぎてしまいました.

7月には第1回の真田研究室の全体ゼミが行われる予定です.再度,皆様にお会いできることを楽しみにしております.


















会の最後の集合写真です.


                                                   文責:宮阪

2016年3月22日火曜日

卒業式が行われました!

3月22日に卒業式が行われました.

石田さん,井上君,要君,酒谷さん,杉本君,塚本君卒業おめでとうございます.
1年間を共に研究室で学び,楽しく過ごせてとても良かったです!ぜひ,一緒に過ごした時間を忘れず,社会人となってもがんばってください!


卒業証書を手に一枚.


PS:国家試験合格おめでとう


                                                      文責:松田